借入の意味を知って消費者金融を利用したときの体験談

実は私が初めて消費者金融からお金を借りる時、先輩から様々なアドバイスをもらいました。その結果、私は色々なことを学んでからお金を借りることが出来ました。その学びの中から私が理解したことは、次のような事柄でした。
消費者金融をはじめとした金融機関からの借入とは、非常に奥が深いのです。単純に「お金を借りること」だと解釈するのは良くありません。なぜならその言葉の背後には、非常に深い意味が隠されているからです。
借入には必ず金利が付いてきます。ですから絶対に金利による利息の支払い負担からは逃れることが出来ないのです。たとえば10万円借りる場合、実質年率18.0%で借りて30日後に一括で返済したとすると、その際の利息は次のように計算されます。それは「10万円×18.0%÷365日×30日=1479円」です。つまり10万円を30日後に返す時は、101479円にして返さなければならないのです。単純に元金の10万円だけを返せば良いということではありません。
しかも返済期日が借りてから30日後なら、たとえ1日遅れただけでも約束を守らなかったということで、自分は大きく信用を落とすことになってしまうのです。それだけではなくて、場合によっては遅延損害金を支払わなければならないこともあります。以上、先輩のアドバイスのおかげで、私はこうした事柄を学びました。
いずれにしても、私が借入の意味を正しく理解してからお金を借りることができたのは、今思い返しても非常にラッキーだったと先輩に感謝しています。